フローリングの部屋とテーブル

刺激が多い場所

床面は、他の住宅の場所と比較しても、格段に刺激を多く受けている場所である。人が行き来し、日光によって焼ける確率も高いため、フロアコーティングなどを利用して床面を守らなければならない。

Read more »

新しい照明に替えたい場合は照明の取替工事を利用しておくことが大切です。様々なタイプの電気照明に対応していますよ。

広いフローリングの部屋

種類を知る

フロアコーティングのサービスを提供している業者は複数社ある。そのコーティングの種類にも、UV加工や長年経過しても塗り直しの必要がないものなどがあるので、自分の家に合ったものを比較して選ぶ必要がある。

Read more »

白いキッチン

体験談を利用する

家を作り替える、または新築するとき、事前に加工について調べておく必要がある。フロアコーティングを検討する際、実際に体験した人の意見をインターネットで集めておくことで比較することができ、参考になる。

Read more »

導入すべき技術

ランキングの順位

ピカピカな床にするためにフロアコーティングをするならコチラに役立つ情報が満載です!綺麗にできる秘訣が分かります!

家の外と内を比較したとき、格段に家の中の方が快適に過ごすことができるといえる。
これは、床面が影響している。
外は土やコンクリートで安心して寝転ぶことも出来ないが、家の中は畳や木の床であるため、石や土と比較すると温度が穏やかに保たれている。
木や草でできている素材は、石や鉄と比較すると、表面が柔らかいので傷つきやすい。
傷つきやすければ、頻繁に交換する必要があるが、表面が柔らかく、眼に見えない穴が沢山空いていることで、鉄と比較すると格段に空気を多く含むことができるのである。
この空気を多く含むというのがポイントで、空気を含むことで素材が周囲の環境の変化に影響される度合いが穏やかになるのである。
鉄やコンクリートの家と比較しても、木の家のほうが安心して生活することができる。

床面は家の他の部分と比較しても、最も人の肌に触れる部分である。
人の肌に触れるところは、鉄よりも温度差が柔らかいものが理想である。
このため、多くの人が木や畳を床面に選ぶのである。
かつての住宅と比較すると、和室よりも洋間の方が住宅に占める面積は多くなっている。
また、家具の比較からも、木のフローリングが選ばれる理由がわかる。
今は多くの家具が西洋式になっており、足で床面に触れるタイプになっている。
このため、畳と比較するとフローリングの方がメンテナンスしやすいといえるのである。
木や畳は傷つきやすいという特徴があるため、コーティングしなければならないが、フロアコーティングは新しいコーティングの技術として注目されている。


オススメリンク

  1. フローリングのコーティングをしたいなら専門の業者に頼むのがオススメですよ!このサイトならすぐに駆けつけてくれるので安心です!
  2. いつまでも綺麗な床を保てるようにUVコーティングしましょう!:生活にゆとりを与えるUVフロアコーティングガイド
  3. ご自宅の床が見違えるほどきれいになります! フロアコーティングの専門業者を大阪でお探しならこちらがオススメです!