元通りにする工事

白いキッチン

原状復帰とは賃貸住宅を借りた時に耳にする言葉です。借主は入居時に敷金を支払うことが多いのですが、数年後、借主が住宅を退去するときに部屋の壁に大きな穴が開いていたり、壁などに子供の落書きがたくさんあった場合には、元通りにしなければなりません。これを原状復帰と言います。もし、借主が原状復帰をしなければ、入居時に預けた敷金からその原状復帰にかかるお金を支払っていいということになっています。ですが、ここに一つ問題があります。借主の原状復帰の範囲はどこまでかという点です。借主が住む前と比べて退去する時に傷がついていた部分や汚れた部分をすべて掃除しなければならないとすれば、これほど借主に不利な契約はありません。

実際に原状復帰の及ぶ範囲は、「通常の使用」により汚したり傷がついた場合には原状復帰義務はないのです。あくまで「通常の使用」の範囲を超えてた場合(例えば夫婦げんかでお皿を投げてそれが壁に当たってへこんだ場合や、ダンスの練習のし過ぎで床が抜けそうになっている場合)、には借主に原状復帰の義務があるのです。この範囲があることを知らない人が結構います。例えばそれを知らずに通常の使用の範囲内でしか傷や汚れが付いていないのに、退去時に敷金が戻ってこない場合などもあります。それを気にしない人もいますが、この場合は賃貸物件のオーナーに不当利得返還請求権を行使して、金銭の返還を求めることも可能なのです。少なくとも敷金が返還されなけれ場怪しいと思うべきです。


オススメリンク

  1. フロアコーティング比較ランキング

    フロアコーティングの口コミを参考に調べてみませんか?床をキレイ保ちたいならサイトをチェックしておきましょう。
  2. 建具交換修理110番

    利用者からの満足度も非常に高いです。建具の交換を検討している方はサイトへどうぞ。日本全国対応中なので安心できます。